組織委が東京2020大会に向けた
小中学生のポスターを公開

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2015年、小学5年生と中学2年生を対象に東京2020大会をテーマにしたポスターを募集。全国から約1万2000点の応募があった。

組織委の公式サイトでは作品約900点を公開している。

URL:https://tokyo2020.jp/jp/get-involved/event/poster/

子どもたちが、夢や希望を描いた作品の一部を紹介する。

 

早坂 輝里さん  東京都  江東区立第七砂町小
 關 想さん 群馬県 館林市立第一小
浅野 絢子さん   奈良県 生駒市立上中

菅 文優香さん   千葉県 千葉市立稲毛第二小

               小川 和美さん 岐阜県 池田町立池田中
              山中 美優さん  茨城県 結城市立上山川小
吉川 果穂さん 愛知県 名古屋市立豊正中
 町田 康晟さん  埼玉県 川口市立芝樋ノ瓜小

■ 募集・応募概要

【テーマ】
夏休みの課題(または通常の授業)として、以下のテーマで画用紙に描き、解説とともに提出。
・東京2020大会開催時の自分の姿
・東京2020大会開催時の東京、日本の姿

【募集期間】
2015年7月1日~10月16日

【対象】
小学5年生、中学2年生、特別支援学校の小学部5年生・中学部2年生
※海外日本人学校含む

【応募数】
・総数
 応募数:1万2072点(822点)、学校数:664校(45校)

・内訳
 小学校・特別支援学校小学部
 応募数:9350点(682点)、学校数:505校(41校)
 中学校・特別支援学校中学部
 応募数:2722点(140点)、学校数:172校(16校)

※小中学部併設校があるため、学校数の総数は内訳の合計と一致しない
※( )は海外からの応募数
※2016年2月1日時点

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ