電通、新たにBtoB領域専門のグローバルブランド「インタープライズ」を設置
― ロンドンを含む世界6都市に営業拠点を立ち上げ ―

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は2月24日、拡大するBtoB領域のマーケティング需要に対応するため、新たにBtoB領域専門のグローバルブランド「Interprise」(インタープライズ)を英国ロンドンに設置したと発表した。同地を含む世界6都市(ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、シンガポール、香港、シドニー)に営業拠点を構え、グローバルにビジネスを展開していく。

新ブランド設置の背景には、顧客企業ニーズの高まりに加え、世界のトップ100グローバル企業のおよそ半数が社内にBtoB部門を置き、マーケティング活動を積極化しているというビジネス潮流の変化がある。また、世界のBtoB市場は2015年に2,000億ドル規模に達するとした推計もあるなど、その市場規模は着実に拡大してきている。

こうした状況を踏まえ、同社グループではBtoB領域における更なるサービス体制の強化とグループ間のシナジーを高めるため、新たにBtoB領域専門のグローバルブランドを立ち上げることにした。

今後同社は、既存のブランドでBtoB領域のサービスを提供している「Carat Enterprise」(カラ・エンタープライズ)をインタープライズに統合するとともに、グループ各社との連携による新たなビジネスの創出を目指す。

インタープライズのノウハウを活用することで、BtoB企業に対し、クリエーティブ、メディア、サーチ、データ、プログラマティック、イベント、コンテンツ、OOHといった個別の専門サービスにとどまらない、新しいソリューションの提供を行っていく。

【インタープライズの概要】

ブランド名:Interprise(インタープライズ)

   本部所在地:英国・ロンドン市

                         ※ニューヨーク、サンフランシスコ、シンガポール、香港、シドニーにも

                            営業拠点を置く

 設   置:2016年2月23日

    代 表 者:Stuart Giddings (Global President)

    事業内容 :BtoB領域全般の広告ビジネス

    電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0224-008679.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ