三菱電機

東京2020オフィシャルパートナーに決定

三菱電機は2月29日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020スポンサーシップ契約を締結し、オフィシャルパートナーに決定した。契約カテゴリーは「エレベーター・エスカレーター・ムービングウォーク」。

 

同社は以前から、バスケットボールやテニス、バドミントンなどのチームを持ち、スポーツ活動を通じた地域社会への貢献を目指すとともに、各チームの所属選手と子どもたちが交流するイベントの開催などスポーツ文化の輪を広げる活動を行っている。また、日本オリンピック委員会のアスリート就業支援プログラム「アスナビ」に賛同し、オリンピック・パラリンピックを目指すアスリートを採用するなどの支援をしている。さらに2015年には、日本障がい者スポーツ協会とオフィシャルパートナー契約を、日本車椅子バスケットボール連盟とはオフィシャルスポンサー契約を結び、特に障がい者スポーツの普及・啓発に注力している。

柵山正樹社長は「2020年度に創立100周年を迎える当社が、大会をサポートできることは大変に光栄だ。アスリートや観戦者が、安全・安心・快適に移動できるインフラの構築に貢献したい」とコメントを出した。組織委の森喜朗会長は「社会のバリアフリー化と障がい者スポーツ支援に尽力している同社がパートナーとして参加されることは大変うれしい」とメッセージを発した。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ