かんぽ生命

新企業広告「人生は、夢だらけ。」をスタート

日本郵政グループのかんぽ生命保険は「人生は、夢だらけ。」をキャッチコピーに、企業広告の新シリーズをスタートした。同社は終身保険“新ながいきくん”などの商品を、全国の郵便局ネットワークと直営店で展開する。

3月1日からの新テレビCM「それは人生、わたしの人生」編の放送開始に先立ち、2月29日に東京・千代田区のホテルニューオータニで発表会を行った。

石井雅実社長は「今回のCMは、歌も上手な女優の高畑充希さんを起用しミュージカル仕立てで“大きくて、ユニークで、温かい”企業になりたいとの思いを込めた。ぜひ高畑ワールドを楽しんでほしい」とあいさつした。

「それは人生、わたしの人生」編は、街中を行き交う人たちの歌声をきっかけに、高畑さんを巻き込んで異世界のミュージカルが幕を開ける設定。カラフルな舞台で、ダンスあり歌ありのステージが繰り広げられる。「すべての人生がただ一つのもので、世界は素敵なもので満ちている」ことに気付いた高畑さんが晴れやかな表情でミュージカルを演じる。楽曲は、音楽家・椎名林檎さんの書き下ろしで、新シリーズでも「人生は素晴らしい」「この世は悪くない」という普遍的なメッセージを伝える。

CM上映後、ステージのパネルが左右に開くと、CMと同様に電飾がきらめくセットが出現。ダンサーをバックに高畑さんが登場した。以前から同社のCMの大ファンだという高畑さんは「ミュージカル出身なのでセットを見てワクワクした。出演できて幸せだ」と話し、子どものころの夢だった舞台女優になれて「いい人生だと思う」と語った。夢をかなえるパワーは「気合と根性」と笑わせ、将来は「お母さんになること」を夢見ているとはにかんだ。また「CMのような世界観や好奇心を忘れずに生きる大切さが皆さんに伝わればうれしい」と結んだ。

同社はグラフィック広告も展開予定で「人生には地図もナビもない。だから、夢が必要だ。」のキャッチコピーと高畑さんのさまざまな表情をメーンビジュアルにしたものなどのシリーズ広告を、ポスターや交通広告、ウェブで展開する。

キャンペーンサイト:http://www.yumedarake.jp

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ