西川グループ

450万円相当の「金のふとん」の寝ごこちは

寝具メーカーの東京西川をはじめとする西川グループは、2016年に創業450周年を迎えた。

これを記念して、3月1~31日には特別な商品を用意した「西川450周年大感謝祭」を全国の百貨店や寝具専門店など約1800店舗で展開している。

同社は1566年に近江(現在の滋賀県)で創業。明治20年ころから販売を始めた布団は、西川ブランドの代名詞になっている。

重要文化材の修復などにも使われる、金沢「箔座」の金箔を使用

同感謝祭のイメージキャラクターには、歌舞伎役者の市川猿之助さんを起用し、テレビCMを同4日から放送する。さらに特別企画として、最高級羽毛布団に金箔を施した450万円相当の「金のふとん」が、抽選で1人に当たるプレゼントキャンペーンを実施中だ (5月31日まで)。

羽毛は保湿性、弾力性に優れる、希少なアイダーダウン

「金のふとん」は、金沢の高品質な金箔を全面に施した羽毛布団と敷き布団のセットで、羽毛布団には世界で高く評価されている希少なアイスランディックアイダーダウンを使用。「金のふとん」の現物は3月13日まで、東京・中央区の日本橋西川で見ることができる。

感謝祭サイト:http://nishikawa450.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ