スウェーデン発★マクドナルド 「ハッピーゴーグル」でVR(仮想現実)体験

スウェーデンのマクドナルドで2月29日より、子どもたちにおなじみの玩具付きセットメニュー「Happy Meal」(日本ではハッピーセット)の一環で、VR(仮想現実)体験ができる「Happy Goggle」(ハッピーゴーグル)が2週間限定で販売開始された。

ハッピーゴーグル
(画像をクリックすると別サイトで動画をご覧いただけます)

Happy Goggleは、箱を再利用して組み立てるとレンズ付きHDM(ヘッドマウントディスプレー)になる仕組みで、オリジナルアプリをダウンロードしたスマートフォンを取り付けて使う。HDMをゴーグルに見立てて、360度全天球の世界でスキーをテーマにしたVRゲーム「Slope Stars」が楽しめる。スウェーデンのHappy Mealの30周年企画だが、同国以外でも今後実施される可能性があるという。

監修に当たった児童精神科医は「新しい世代は、スマホやタブレットが当たり前の世界に生まれ育っている。“VRゴーグル”は彼らにとってもちろん楽しい体験となるが、同時に親にとっても、子どもたちを通じてデジタル世界に親しむきっかけになる。親子が同じ目線で遊べる良い機会となるだろう」と語る。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ