電通、チェコの有力デジタルエージェンシー「アドエクスプレス社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は3月9日、チェコの有力デジタルエージェンシー「Adexpres.com s.r.o.」(アドエスクプレス社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。

2008年に設立されたアドエクスプレス社は、デジタルメディアに関する戦略策定とプランニング、広告枠の買い付けなどのサービスを専門に提供しているチェコで最も成長が速いデジタルエージェンシーの一つ。

傘下にはデジタルクリエーティブ・エージェンシーである「Bistro」(ビストロ社)、ソーシャルメディアに強みを持つ「Bistro Social」(ビストロ・ソーシャル社)、およびモバイル・コミュニケーション戦略やアプリケーション開発を専門とする「Mobile Internet」(モバイル・インターネット社)を保有している。現在、90人のグループ従業員が多くのローカルおよびグローバル企業に対してデジタル 領域全般のサービスを提供している。この度の買収施策の狙いは、デジタル領域のサービスを強化し、チェコのみならず中欧、東欧における電通グループの競争 優位をさらに高めることにあり、今後電通は、アドエクスプレス社を「電通イージス・ネットワーク・チェコ&スロバキア」に組み入れる予定。

同社グ ループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が行っている世界の広告費成長率予測(2015年9月)によると、チェコ の2014年のデジタル広告費は、前年比で5%増。2015年、2016年はいずれも7%増になると予測している。

【アドエクスプレス社の概要】
社名:Adexpres.com s.r.o.(アドエクスプレス社)
本社所在地:チェコ・プラハ市
設立:2008年11月
株主構成:買収手続き完了後電通イージス・ネットワーク100%
収益(Revenue):6100万チェコ・コルナ(約2.8億円)(2014年12月期)
代表者:Jan Galgonek(CEO)
従業員数:90人
事業内容:デジタル領域全般のサービスを提供

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0309-008703.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ