flumpool

音量操作でテンションが変わるMVを公開

4人組のロックバンド「flumpool」は3月16日、約3年半ぶりとなるニューアルバム「EGG」をリリースする。それを記念してオフィシャルサイト(http://www.flumpool.jp/)では、アルバム収録曲「解放区」のスペシャルコンテンツ「kaihouku.jp」を公開している。

同コンテンツは、音量に合わせて映像の演出が変化するインタラクティブ(双方向)ミュージックビデオ(MV)で、楽曲「解放区」のMVを基に作成されている。視聴者が画面上の音量ゲージを上下させると、それに合わせてメンバーの演奏のテンションや他の映像の演出が変化するというもの。メーンの舞台はレコーディングスタジオで、メンバーが曲の収録に臨んでいる。レコーディングプロデューサーや立ち会うクライアントも登場し、ボリュームゼロだと全員がうなだれて動かないが、音量を上げるにつれて動きが激しくなり、最大ボリュームでは演奏はもちろん、メンバー以外もノリノリになっていく。また、途中で挿入されるイメージ映像に登場する俳優の温水洋一さんの動きや、キスをするカップルの唇の大きさ、囲碁の対戦の様子、アニメーションの演出なども変化する。

このMVの仕組みは、5つのテンションの異なる動画を“どんな環境でもタイムラグなしで切り替える”ように構築されている。5個の動画を同期再生させる新しい技術で、スマホ(Wi-Fi推奨)でインタラクティブムービーをスムーズに再生できる。

クリエーティブ・ディレクションは、アルバム「EGG」のティーザー映像や「解放区」のMVと同様に、カンヌ広告賞・ACC賞の受賞や、最近では日清カップヌードルのCMなどでも知られる電通の佐藤雄介氏が担当している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ