ブリヂストン 

東京2020パラリンピックの
ゴールドパートナーに決定

ブリヂストンは3月10日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とスポンサーシップ契約を締結し、2020年パラリンピック東京大会のゴールドパートナーに決定した。契約カテゴリーはタイヤ、免震、自転車(電動・モーターアシスト除く)。

同社は2014年から国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピッックパートナーであり、今回はこれに加えてパラリンピック東京大会のサポートも行うことになる。

津谷正明CEOは「困難を乗り越えながら、夢に向かって挑戦し続ける全ての人の挑戦・旅(Journey)を支え、〈地域社会への貢献〉〈社会的責任の実践〉〈多様性の尊重〉を実現しながら、パラリンピックをサポートしたい」とメッセージを発した。組織委の森喜朗会長は「オリンピックと同様にパラリンピックも支援してもらえることは大変に心強く、パラリンピックムーブメントの推進に大きな一歩になると期待する」と述べた。

 

ブリヂストン ニュースリリース:http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2016031001.html

 

 

 

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ