電通、北米のデータ・アナリティクス専門のコンサルティング会社
「カーディナル・パース社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は3月11日、北米のデータ・アナリティクス 専門のコンサルティング会社「Cardinal Path Holding Company」(カーディナル・パース社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。

カーディナル・パース社買収の背景には、今日の広告コミュニケーション・ビジネスにおいて、ビッグデータ分析に基づく、より精緻で効果が見込めるプランニングや施策の重要性が高まってきたことが挙げられる。

2011 年に設立された同社は、そうしたビッグデータの分析とそれに基づくコンサルティングやソリューションに強みを持っている。具体的には、①クライアント企業 内に分散して存在するデータを整理、②データから読み取れる企業課題を抽出、③多様な外部オーディエンスデータを掛け合わせての統合分析、④コンサルティ ングおよび各種ソリューション施策の実施とその検証、という4つのプロセスで質の高いサービスを提供している。2015年には、米国のDigital Analytics Associationから「Most Influential Agency/Vendor of the Year」賞を受賞するなど、多くのグローバル企業から高い評価を得ている。現在、傘下にカナダ法人(本社:バンクーバー、支社:トロント)と米国法人 (本社:フェニックス、支社:シカゴ)を持ち、77人の従業員を抱えている。

【カーディナル・パース社の概要】
社名:
Cardinal Path Holding Company(カーディナル・パース社)
本社所在地:カナダ・バンクーバー市
※トロント、シカゴ、フェニックスにも営業拠点を置く
設立:2011年6月
株主構成:株式取得後 電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):1150万USドル(約13.0億円)(2015年12月期)
代表者:John Hossack (CEO/President)
従業員数:77人
事業内容:デジタルデータ分析とコンサルティングサービス

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0311-008708.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ