第59回「大阪広告協会賞」は近畿大学、特別賞は道頓堀グリコサイン

大阪広告協会は3月11日、第59回「大阪広告協会賞」に近畿大学を、特別賞に道頓堀グリコサインを選出した。

大阪広告協会賞


近畿大学は、世界初のマグロの完全養殖「近大マグロ」や音楽プロデューサーのつんく♂さんが手掛けるド派手な入学式など、従来の大学の殻を破ったブランディングを成功させ、一般入試志願者数が2年連続で日本一を記録。2015年の新聞・雑誌広告「マグロ大学って言うヤツ、誰や?」では広告各賞を受賞した。学校法人初の大阪広告協会賞になる。

特別賞の道頓堀グリコサインは、長年にわたり大阪のランドマークとして人気を博し、2014年10月にはテクノロジーを駆使した6代目を登場させた。多くの観光客がこの看板を目指して道頓堀を訪れ、大阪の観光価値向上に貢献した。

詳細はこちら(大阪広告協会ニュースリリース)。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ