二階堂ふみさんと山﨑賢人さんがスイッチオン~大型ビジョンが池袋PARCOに登場

パルコは、情報発信強化を目的として東京・豊島区の池袋PARCOの外壁に横約11メートル縦約6メートルの大型LEDビジョンを設置し、4月1日から運用を開始する。それに先立ち、3月22日に点灯式を開催した。

池袋PARCO
池袋PARCOは池袋駅から徒歩1分の好立地。
大きな交差点を行き交う人々が見上げる位置に大型ビジョンを設置した

はじめに服部道則池袋PARCO店長が登壇し、パルコビジョンの概要を説明した。
続いて、高野之夫豊島区長から「日本第2位の乗降客数を誇る池袋の、代表的な商業施設の一つであるパルコさんには、ますますこの街をリードしていってほしい。この池袋最大のビジョンはその原動力になるでしょう」と激励のあいさつがあった。

そして、ビジョン点灯式の特別ゲストとして映画「オオカミ少女と黒王子」でダブル主演を務める二階堂ふみさんと山﨑賢人さんが登場した。

二階堂ふみさんと山﨑賢人さん
二階堂ふみさんと山﨑賢人さん

司会者の「池袋にはよく来ますか?」という質問に「たまに来るんですけど、映画館とかおいしいごはん屋さんがたくさんあって、楽しい街だなと思います」と二階堂さん。山﨑さんは「通っていた高校が池袋に近かったので、放課後によく友達と一緒にプラプラしてました。ダーツをやったりごはんを食べたり。でもまだ知らないところもたくさんあります」と池袋の思い出を語った。

やや緊張気味の二人は、まだ中継されていないカメラに向かって笑顔で手を振り「見えてるかな?」。司会者から「まだ映ってませんよ」と指摘されると「あれ、フライングしちゃいましたね」と照れ笑いを見せた。

二階堂ふみさんと山﨑賢人さん


その後、二人で点灯スイッチを押し、ビジョンにその姿が映し出されると「池袋をご通行の皆さん、こんにちは!」という二階堂さんの呼び掛けに始まり、二人で映画をPRしながら道行く人に「見えてますか? ここですよ〜」と語りかけた。

同ビジョンはパルコの情報だけでなく、豊島区と連携し地域の情報も発信する。また企業とのタイアップ広告スペースとしても活用も目指す。

詳細はこちら(パルコ ニュースリリース)。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ