「ギガ200」がCMソングを披露

新メンバーも加入!?

ソフトバンクは3月22日、東京・江東区のヴィーナスフォート教会広場で「ギガ学割」のCMソングを披露するライブイベントを開催した。同学割は、25歳以下の新規加入者などと家族を対象としたもので、パケット定額サービスの定額で利用できるデータ容量に計約200ギガバイトが増量される特典か、ホワイトプランの月額基本使用料が3年間0円になる割引のいずれかを選択できる。

会場には観覧エリアが設けられ、約150人の熱心なファンが駆け付けた。ライブ開始のカウントダウンが始まると会場はどよめきに包まれ、乃木坂46のメンバーで構成されたPRユニット「ギガ200」の14人が登場すると、大きな声援が飛び交った。

CMの衣装を着たメンバーは振り付けもCM同様に、楽曲「200ギガあげちゃう」をライブで初披露し会場を盛り上げた。

ステージでメンバーがあいさつをしていると、舞台袖からお笑い芸人のキンタロー。さんが、キレキレのダンスをしながら登場。かわいい声色で「こんにちは、乃木坂46の田中志保です!」と本名を使って自己紹介すると、観客から“志保ちゃんコール”が起きご満悦の表情。司会者から、本当にメンバーなのか問われたキンタロー。さんは、キャンペーンにかけて「新規加入で、乃木坂46とギガ200に加入した」と言い張った。さらにメンバーが、乃木坂46の全国ツアーの発表をすると、キンタロー。さんはそれにも参加を表明するも、メンバーとの顔の大きさの違いを指摘され却下される一幕で笑いをとった。

観客に向けたサプライズとして、メンバーとキンタロー。さんが投げたカラーボールをキャッチした人には、サイン入りの「ギガ学割」ポスターがプレゼントされた。

同社は、乃木坂46の夏の全国ツアーチケットが当たる「ギガやばい!あげちゃう攻撃キャンペーン」やギガちゃんBIGストラップが当たるキャンペーンを実施中だ。

「ギガ学割」サイト:http://www.softbank.jp/mobile/special/gakuwari/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ