KDDIが民間月面探査チームHAKUTOと協力して、月へ

KDDIは、世界初の民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から挑戦するチーム「HAKUTO」のオフィシャルパートナーとなることを3月23日に発表した。

このレースは、民間開発の無人探査機を月面に着陸させ、500メートル走行させた後に、静止画・動画を地球に送信するというもの。現在、16チームが参加しており、最初に成功したチームには2千万ドル(約22億円)が贈られる。

KDDIは今後、これまで培ってきた通信技術を駆使し、月面上での通信や高解像度の動画、静止画データの圧縮・復元技術など、月面探査ロボット(ローバー)の通信システムをHAKUTOと共同で開発していくことになる。月は250度以上の温度差、極端な乾燥、パウダー状の砂など過酷な環境にあるが、予測不可能な電波環境の中で、途切れない無線通信システムを構築し、このプロジェクトの重要な一翼を担う。今回の共同プロジェクト名は「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」。

KDDIの田中孝司社長は「技術者にはもっと夢を追いかけてほしい。多くの困難が予想される中、これまで培ってきた技術や経験を最大限提供し、本ミッションを強力にサポートしたい。今回の経験が近い将来、新しい宇宙・通信技術の発展につながる第一歩になることを期待している」と語った。計画では2017年末までには月を目指す。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ