佐藤浩市さんがその後味に「驚き!」
サントリー「-196℃ 極キレ」新CM

サントリースピリッツは3月29日、食事にぴったりのキレを極めたチューハイ「-196℃ 極キレ」を新発売した。それに先立ち28日、港区のコンラッド東京で新テレビCMの発表会を開催し、CMのキャラクターの俳優の佐藤浩市さんがトークセッションを繰り広げた。

佐藤浩市さん
 

発表会は、同社の新商品開発部・佐藤晃世部長の「強めの炭酸と“ウーロン茶ポリフェノール”の配合でキレのよいさっぱりとした後味を実現した。食中酒として脂っこい料理にもピッタリです」という新商品の特徴紹介でスタート。

発売同日からオンエアのテレビCM「後味」編、「いまさら」編、ウェブサイトでの先行公開となる「揚げもの」編も会場で上映された。3編とも黒バックに極キレを飲む佐藤浩市さんの表情をアップで捉え、後口のさっぱりとしたキレを訴求している。キャッチコピーは「驚くぞ。」
CM本編はこちら(「極キレ」ブランドサイト)。

「いまさら」編では「いまさらチューハイに驚くなんて」と視聴者に語りかける佐藤さんだが、トークセッションでも「甘めのお酒があまり得意ではないのですが、これは進んで飲めるテイストだったので、正直びっくりした。スッと入っていく」と驚きを表現した。

大きな骨付きチキンにかぶりついた後も、
大きな骨付きチキンにかぶりついた後も、
極キレをゴクリ
極キレをゴクリ

CM撮影では「100パターンくらい驚き顔をした」という佐藤さん。いろいろなパターンの驚き顔のつくり方について「こういう言い方をしていいのかな…知り合いの不倫現場を目撃してしまい、それが友人だったときの驚き、上司だったときの驚きとか。しょうゆをこぼしてしまったときとか。自分の中でバリエーションをつくる」と俳優ならではの演技法を披露した。

「揚げもの」編に登場するミッツ・マングローブさんから佐藤さんへ「佐藤さんは唇がセクシー。ボテッとしていて吸い付きたくなる」というメッセージVTRが流れると「コメントも脂っこいな〜」と極キレをグビッと飲み「すっきりした!」と商品のPR。

ミッツ・マングローブさんからの濃いメッセージの後も、極キレをゴクリ
ミッツ・マングローブさんからの濃いメッセージの後も、極キレをゴクリ

発表会最後のフォトセッションでは、報道陣から「驚き顔、お願いします」との注文が続出。「もうすぐ公開の映画でシリアスな刑事役をやってるんだけどなぁ…」と言いながら、いろいろなパターンの驚き顔と変顔を披露し、会場を沸かせた。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ