電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定を実施

電通の海外子会社でメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)は、年に2回(3月と9月)、全世界59地域から収集したデータを基に、世界の広告費成長率予測を行っている。今回の改定では2015年9月に予測した2015年の広告費成長率の実績、2016年の成長率予測の改定と、新規に2017年の成長率を予測している。

■主なポイント

●2015年の世界の広告市場の成長率は前年比3.9%増(実績)

●2016年の世界の広告市場は前年比4.5%増(2015年9月予測では4.7%増)の5,380億ドル、2017

  も 4.5%増と予測

●2016年の日本の広告市場は、2016年が1.8%増(同1.6%増)、2017年が1.1%増と予測

●デジタルシフトがさらに加速し、世界の広告市場に占めるデジタル広告費の構成比率は、2016年に

  27.0%(同26.5%)、2017年に29.3%へ

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ