『日本の企画者たち~広告・メディア・コンテンツビジネスの礎を築いた人々~』刊行

当電通報でもコラムを執筆している電通OBの岡田芳郎氏が書籍『日本の企画者たち~広告・メディア・コンテンツビジネスの礎を築いた人々~』(発行:宣伝会議)を上梓した。3月30日から全国書店で発売している。

日本の企画者たち~広告、メディア、コンテンツビジネスの礎を築いた人々~
四六判並製、496ページ、2000円+税、ISBN 978-4-88335-356-9

日本の礎を築いたといえるクリエーター、プランナー、企業家など総勢93人を取り上げた人物列伝。「慶應義塾創立者・広告産業の始祖」の福沢諭吉、「昭和を代表する漫画家・アニメーション作家」の手塚治虫、「電通4代目社長・広告の鬼」の吉田秀雄、「江戸時代の奇才」平賀源内、「遅筆の売れっ子作家」向田邦子、「茶の間で親しまれた映画解説者・映画の伝道師」淀川長治ら、そうそうたる人物たちがその時代にどのような課題を抱え、それを打破するために何を行ったのかをまとめた。

先人たちの精神と仕事に触れ、企画術を読み物として学ぶことで、プランニングや課題解決のヒントを得ることができる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ