電通、マレーシアのクリエーティブエージェンシー
「ムルデカLHS社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は4月1日、マレーシアのクリエーティブエージェンシー「Merdeka LHS Sdn Bhd」(ムルデカLHS社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。

ム ルデカLHS社は、大手広告会社から独立した3名のクリエーターが2013年に設立したクリエーティブエージェンシーで、社名のムルデカはマレー語で「自 由」を意味する。現在ではブランドコンサルティング、広告戦略の策定、クリエーティブ制作を含む広告コミュニケーション全般のサービスを提供してい。同社 のクリエーティビティーは業界や顧客企業から高く評価され、設立者3名が現在までに獲得した広告賞は、マレーシアの広告会社では初のカンヌ金賞を含め 750以上にのぼる。

株式取得後、電通はムルデカLHS社を同社グループの9つのグローバルネットワーク・ブラ ンドの1つでフルサービスエージェンシーであるDentsu Branded Agencies(電通ブランド・エージェンシー)傘下の電通マレーシアと合併し、社名をDentsu LHSに改称する予定。今後はマレーシアのグループ各社との連携を図ることで、同国での成長戦略を加速させていく。

【ムルデカLHS の概要】
社名:Merdeka LHS Sdn Bhd(ムルデカLHS社)
本社所在地:マレーシア・クアラルンプール市
設立:2013年
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):184万マレーシアリンギット(約5300万円)(2015年12月期)
代表者:
Tony Savarimuthu (CEO)
Huang Ean Hwa (Co-Chief Creative Officer)
Lee Szu Huang (Co-Chief Creative Officer)
従業員数:10人
事業内容:
ブランドコンサルティング、広告戦略の策定、クリエーティブ制作を含む広告コミュニケーション全般のサービスを提供

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0401-008726.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ