メディアアーティストのザック・リーバーマン氏来日!
4/27にトークセッションを開催

Dentsu Lab Tokyoは4月27日、東京・汐留の電通ホールで、世界的なメディアアーティスト・ザック・リーバーマン(Zach Lieberman)氏のトークセッションを行う。現在、参加者を募集中(定員150人)。
詳細と応募はこちら(イベント公式ウェブサイト)。

KAME KAIバナー
Dentsu Lab Tokyo が昨年10月から不定期で行っているトークセッション「KAME KAI(亀会)」の第11回に当たる。KAME KAIは、Dentsu Lab Tokyo近くの名所「亀の噴水」から
 

同氏は「人を驚かせること」をゴールに遊び心あふれる方法で技術を駆使し、ユニークな作品を生み出し続けている。メディアアートやデジタルクリエーティブのオープンソースツールキット「openFrameworks」の開発者としても有名だ。「Fast Company」誌の「ビジネス界でもっともクリエーティブな100人」に選出され、メディアアートの祭典・アルスエレクトロニカではゴールデン・ニカ賞を獲得した。

トークセッションでは、デジタルとクリエーティブ、アートの最先端を走る同氏に、これまでの研究活動や表現開発について語ってもらう。
翌日にはワークショップも開催する(定員20人。openFrameworks環境で開発ができる人)。


<トークセッション概要>
詳細・応募:イベント公式ウェブサイト
※定員(150人)に達し次第、受付終了
日時:2016年4月27日(水)19:00~20:30(18:30開場)
会場:電通ホール(港区東新橋1-8-1 電通本社 1階)


<openFrameworksワークショップ@Dentsu Lab Tokyo概要>
詳細・応募:イベント公式ウェブサイト
※定員(20人)に達し次第、受付終了
ゲスト:ザック・リーバーマン氏、anno lab 藤岡定氏
日時:2016年4月28日(木)12:00~18:00
会場:DentsuLabTokyo( 港区東新橋1-8-1 カレッタ汐留B2)
参加資格:基礎的プログラミング経験がありかつ、クリエーティブコーディング未経験者
※要パソコン持参
※英語でのワークショップ。補助的な通訳スタッフが同席

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ