インタラクティブ動画プラットフォーム「EICHI」で新たな顧客戦略を

電通ダイレクトフォースが昨年リリースした、インタラクティブ動画制作配信プラットフォーム「EICHI(エイチ)」。同プラットフォームならではのインタラクティブ機能を体験できる紹介動画を4月12日から同社のプロダクトサイトで公開している。

EICHI プロダクトサイト http://www.ddf.dentsu.co.jp/service/eichi/

オンライン動画の視聴を受動的なものからインタラクティブなものにする同プラットフォームは、映像内の情報をブックマークして商品の購入や情報収集ができる機能や、視聴者の選択でストーリーが変化する機能、ゲーム感覚で動画内の登場人物やアイテムを操作できる機能などを備えている。

特徴は、インタラクティブ操作で映像が切り替わる際も、動画や音声が止まることなくにシームレスな視聴体験が可能なことと、スマートフォン・タブレット・パソコンのマルチデバイス視聴対応ができることだ。技術面や視聴環境のストレスが軽減されている。
 

EICHIの主な機能

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ