電通、成長戦略の加速に向け、新会社「電通デジタル」を設立
― デジタルマーケティングにおけるリーディングカンパニーを目指す

電通は4月19日、デジタル領域における成長戦略を加速させるため、デジタルマーケティング専門の新会社電通デジタル」を7月1日付で設立すると発表した。

デジタルテクノロジーの進化が消費者の行動を著しく変化させている昨今、企業はこれまで個別に対応していたマーケティングプロセスの各段階を有機的に結び付け、効果と効率を最大化する取り組みに注力し始めている。

これに対応して、わが国の広告支出においては、インターネットメディアがテレビに次ぐ広告メディアへと成長しており、さらに、ITコンサルやビッグデータ分析、Eコマース支援など、広告市場には含まれないデジタルマーケティング関連市場が大きく拡大している。

こうした状況を踏まえ、新会社「電通デジタル」は電通グループ各社と連携しながら、既存の広告市場はもちろんのこと、拡大中のデジタルマーケティング市場における需要の取り込みを加速させる。

具体的には、新会社はデジタルマーケティングに関する各種「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の機能を持ち、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション支援、見込み客の発見と顧客獲得からCRMまでのカスタマージャーニーにおける統合ソリューションの提供、ならびにそれらを支えるプラットフォームの構築支援を行う。

また、最先端のケーパビリティーを保有するための投資活動や技術開発に加え、デジタルマーケティング専門人材の獲得と育成を加速することで、名実ともにデジタルマーケティングにおけるリーディングカンパニーとなることを目指す。

なお、新会社には、本社内組織である「デジタルマーケティングセンター」、顧客企業の“デジタル時代の新しい売り方”のプランニングとビジネスモデルの構築を支援してきた「電通イーマーケティングワン」と、デジタルパフォーマンスマーケティング領域を中心に顧客企業の事業拡大を支援してきた「ネクステッジ電通」も合流する。

新会社が提供する主なサービスとしては次のようなものを想定している。

 

■新会社が提供する主なサービス

1.デジタルトランスフォーメーション関連サービス
・マーケティングプロセス革新
・マーケティングエコシステム構築
・マーケティングROI向上
・エクスペリエンスデザイン

2.カスタマージャーニー関連サービス
・マーケティングオートメーション
・ウェブインテグレーション
・パフォーマンスマーケティング
・デジタル広告運用
・ダイレクトマーケティング
・ソーシャルメディアマーケティング
・コンテンツマーケティング
・モバイル/アプリマーケティング
・CRMソリューション
・ECソリューション

3.テクノロジーとデータ関連サービス
・データプラットフォーム/マーケティングプラットフォーム構築
・マーケティングテクノロジー/AI/IoT関連サービス

<新会社の概要>
・社   名:株式会社電通デジタル(英文表記:Dentsu Digital Inc.)
・所 在 地:東京都港区東新橋1-8-1(電通本社ビル内)
・資 本 金:4.4億円(予定)
・出資比率:株式会社電通 100%
・役   員:代表取締役CEO 大山 俊哉(現 電通執行役員)
                     代表取締役社長COO 丸岡 吉人(現 電通デジタルマーケティングセンター長)
・設 立 日:2016年7月1日(同日より営業開始予定)
・従業員数:600人(予定)

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0419-008743.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ