アドフェスト2016
「Creative Intelligence」テーマに結集

第19回「アジア太平洋広告祭」(アドフェスト2016)が3月16~19日の4日間、タイ・パタヤで開催された。今年は会期を従来の3日から1日延長。プログラムは、主に制作プロダクションを対象にした「クラフトアドフェスト」、エージェンシーを対象にした「クリエーティブアドフェスト」に分かれ、60都市から1232人の参加者を集めた。全18部門のアワードには、3112点がエントリーした。今年のテーマは「Creative Intelligence」。とめどない進化を遂げるテクノロジーやツールへの理解を深め、課題解決に活用するためのインテリジェンスを磨くことを目的に据えた。

セミナー
 

セミナーでは社会問題をクリエーティビティーでいかに解決するかという、いわゆる“ソーシャルグッド”を題材にしたものが目立った。電通では関西支社関西プロモーション・デザイン局部長の小室猛士氏と同マーケティング・クリエーティブセンターの直川隆久氏が「When Creativity Meets Social Issues」(クリエーティビティーが社会問題と向き合う時)と題するセミナーを実施。人、モノ、金の全てが一極集中する東京に対し大阪を「ローカル」と捉え、「ローカル・クリエーティビティー」というユニークな視点で、停滞する地方経済に活力を与えるビジネススキームについて講演した。事例として、大阪城へ国内外観光客を呼び込み大阪を活性化させるという課題に広告ではなく城を「経営」するというソリューションで応える、京都観光客のリピート率向上という課題に対しては“真の京都”にタイムトラベルできる施設「太秦江戸酒場」を東映太秦映画村に展開するなどの、「広告」領域を超えた事業アイデアを紹介した。

同時に、ローカルビジネスを成功させるには「共に生きる」ことが重要だと語り、エージェンシーがクリエーティビティーを持って、地域の自治体、住民、企業、メディアをリードし、一体かつ長期的に連携することでムーブメントをつくり出せると強調。「Small cansolve Big」(小さくても大きな課題を解決できる)との言葉で締めくくった。

 

アワードでは電通は、海外で展開するクリエーティブ・エージェンシー・ネットワーク「電通ブランデッド・エージェンシー」を含む同社グループ全体で、最高賞のグランデ1、ゴールド10、シルバー18、ブロンズ19とブランデッド・コンテンツ・ロータス1を獲得し、合計49の賞を受賞。電通単体では、独立系エージェンシー対象を除く特別賞全3部門を制覇、アドバタイジング・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー、インタラクティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー、ダイレクト&プロモ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。表彰式で電通の元井康夫常務執行役員は「現場のスタッフが日々、高い意識を持って仕事に取り組んできた成果だ。この勢いで世界にますます羽ばたいてほしい」と、同広告祭に参加したクリエーターらと喜びを分かちあった。


 

ゴールド受賞作品の中から3作品を紹介。

ダイレクト部門ゴールド

▶︎アウディ ジャパン 「Showr oom Home Delivery」(電通制作)

ダイレクト部門ゴールド / アウディ ジャパン「Showr oom Home Delivery」(電通制作)

ギネス世界記録が認定した、世界最大の新聞折り込み広告。プレミアムなドイツ車でありながら横幅1800ミリを切るアウディA3のコンパクト性を、リアルに体験させた。400以上のメディアで取り上げられ大きなPR効果を生んだ。


 

インタラクティブ部門ゴールド

▶︎BUYMA (バイマ)「A Kind Drone ~親切なドローン~」(電通制作)

インタラクティブ部門ゴールド / BUYMA (バイマ)「A Kind Drone ~親切なドローン~」(電通制作)

ソーシャル・ショッピング・サイトBUYMAのプロモーションビデオ。全裸の男女が“大事な部分”をドローンに隠されながらエレガントなバレエを披露する。服を買う喜びを喚起しつつ、SNSを通じて国内外で話題に。会員数は通常の200%増を達成。


 

プリントクラフト部門ゴールド

▶︎インド屋外広告協会「Radio Works Best in Outdoor」(タプルート電通制作/インド)

プリントクラフト部門ゴールド / インド屋外広告協会「Radio Works Best in Outdoor」(タプルート電通制作/インド)

屋外媒体力を訴求したシリーズキャンペーン「EVERYTHING WORKS BETTER WHEN IT’S OUTDOOR」(アウトドアなら効果抜群)の一作品。ラジオやテレビ、新聞、デジタルメディアなどが屋外で多くの人々を引き付ける様子をインド各地で撮影した。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ