東京2020大会エンブレム 

「組市松紋」に決定!

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は4月25日、2020年東京大会のエンブレムを決定し発表した。

組織委は4月8日、エンブレムの最終候補4作品を公開しインターネットなどで広く意見を募集してきたが、25日のエンブレム委員会で最終審査が行われ、候補の中から「組市松紋(くみいちまつもん)」を採用作品に選定。その後開催された理事会で承認され、正式に大会エンブレムに決定した。

同日、東京・港区の虎ノ門ヒルズではエンブレム発表会が行われ、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長や国際パラリンピック委員会(IPC)のミゲル・サガラ理事、遠藤利明大会担当相、東京都の舛添要一知事らの来賓と、日本オリンピック委員会、同パラリンピック委員会関係者、大会パートナー企業関係者らが出席した。

組織委の森喜朗会長は発表を前に、選定された作品が理事会において満場一致で承認されたと報告し「これまでのエンブレム委員の皆様のご苦労に感謝する。エンブレムが多くの人に愛され、親しまれると信じている」とあいさつした。

エンブレム委の宮田亮平委員長(文化庁長官)は、最終候補作の公開後、約4万人から応募があり、総コメント数は約11万件に上ったと報告した。

ステージにはエンブレム委員を代表して王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス会長)が登壇し、宮田委員長と共に採用作品を発表した。エンブレムに決定した「組市松紋」は東京都在住のアーティスト・野老朝雄氏の作品。野老氏は「直前に決定を知り、頭の中が真っ白だ。長い時間をかけて制作したわが子のような作品なので、これから世の中にどんどん広がっていってほしい」と喜びを語った。

宮田委員長は、最終審査は21人の委員による投票の結果、A案(組市松紋)が13票、B案が1票、C案が2票、D案が5票となり、過半数を獲得したA案が採用になったと明かした

発表会後の記者会見で、組織委の武藤敏郎事務総長は「作品募集、意見応募に参画してくれた皆様に感謝する。IOC、IPCの歴史上、初の方法で決定されたこのエンブレムで世界を盛り上げていきたい」と語り、王氏は「委員の仕事は今まで生きてきた野球界とは別物だが、エンブレムが公明正大に決定されたことに胸を張りたい」とコメントした。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ