TCCグランプリはau“三太郎”シリーズの「みんながみんな英雄。」

東京コピーライターズクラブ(TCC)は4月21・22の両日に2016年TCC賞の最終審査会を行い、受賞作を決定した。
グランプリは、KDDI au「三太郎」シリーズのテレビCMで、電通・篠原誠氏、同・野崎賢一氏、同・佐藤舞葉氏が受賞した。代表コピーは「みんながみんな英雄。」。
また、TCC 最高新人賞には電通九州の渡邊千佳氏が選ばれた。代表コピーは「名もなき一日を走る。長崎バス」。渡邊氏は長崎自動車 長崎バスのシリーズでTCC 賞とのダブル受賞になった。

受賞一覧はこちら(TCCニュースリリース)。

TCCグランプリ メーンカット
TCCグランプリ
動画リンク「 春のトビラ・みんながみんな英雄」編  https://youtu.be/P2kwn56JSEQ

今年度は、一般部門6408 点(内訳:グラフィック4001 点、テレビCM・ウェブ映像1846 点、ラジオCM 402 点、ウェブ広告159 点)の応募があり、TCC グランプリ1 点とTCC 賞14 点、審査委員長賞3 点を選出した。

また新人部門では、431人の中から最高新人賞1 人と新人賞23人を選出した。

審査委員長のワンスカイ・福里真一氏は、「複雑化する世の中で、広告がちょっと理屈っぽくなりすぎているのではないか。そこで、“あんまり難しく考えすぎない”という審査方針を掲げてみた。
圧倒的な票数でグランプリを得たau“三太郎”シリーズは、『みんながみんな英雄。』という言葉の通り、次々と魅力的なキャラクターが登場。彼らがかわすヌケのいい会話とノリのよさが、理屈ではなく人々に届いたんだと思う。
他にも、TCC最高新人賞とTCC 賞をダブル受賞した長崎バスをはじめ、ヌケのいい受賞作がそろったのではないだろうか」とコメントした。

10 月28 日には授賞式が行われる。また、8 月4 日~9 月24 日に汐留のアド・ミュージアム東京で「TCC 広告賞展2016」を開催し、受賞作品の展示を予定している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ