ゴールデンウイーク中の5月2日、東京・銀座中央通りでパラリンピック体験イベント「NO LIMITS SPECIAL GINZA & TOKYO」が開催された。同イベントは東京都のパラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」のスペシャル版。

 

1丁目エリアのメインコートで行われたオープニングセレモニーでは車いすダンスパフォーマンスの後、舛添要一東京都知事が「パラリンピックには世の中を変える大きな力がある。パラリンピックの魅力を知り、観戦で体験したことを家族や友達に伝えてほしい」とあいさつ。

オープニングセレモニーの車いすダンスパフォーマンス
オープニングセレモニーの車いすダンスパフォーマンス
 
あいさつする舛添要一東京都知事
あいさつする舛添要一東京都知事

司会の久保純子さんから参加者が紹介され、車いすテニス界からはロンドンパラリンピック金メダリストの国枝慎吾選手や史上最年少車いすテニスダブルス年間グランドスラム達成の上地結衣選手、アテネのダブルス金メダリストの齋田悟司選手、リオ2016大会に出場が決定しているウィルチェアーラグビーからは池崎大輔選手らが登場した。

車いすテニスのデモンストレーション
車いすテニスのデモンストレーション
 
ウィルチェアーラグビーのデモンストレーション
ウィルチェアーラグビーのデモンストレーション
 

その後、イベントの目玉となるデモンストレーションが行われた。車いすテニスでは上地選手や齋田選手が登場し、スーパーショットを連発。また、ウィルチェアーラグビーでは池崎選手らが世界トップレベルの激しいタックルを披露。来場者を大いに沸かせた。

また、2丁目エリアには、競技用具などパラリンピックの魅力を紹介する展示や、車椅子バスケットボール、陸上競技、パワーリフティング、ボッチャ、ブラインドサッカーなどが体験できるブースが設けられた。体験参加者にはオリジナルTシャツなどが当たる抽選会も実施。来場した2万2000人が銀座の街でパラリンピック競技に魅了された。

トラック競技用車いすの展示
トラック競技用車いすの展示
車椅子バスケットボールの体験ブース
車椅子バスケットボールの体験ブース
 
ボッチャの体験ブース
ボッチャの体験ブース
ブラインドサッカーの体験ブース
ブラインドサッカーの体験ブース

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ