東京2020大会エンブレム
アシックスが初の公式ライセンス商品
を販売開始

東京2020ゴールドパートナー(スポーツ用品)のアシックスは5月26日から、大会エンブレムを使った初の「公式ライセンス商品」となるTシャツの販売を開始した。

Tシャツは、先ごろオリンピック、パラリンピックの大会エンブレムが決定したことを記念したもので、胸部に各エンブレムを配したデザイン。計2020枚の販売を予定している。

同日開設したサイト「アシックス 東京2020オリンピック・パラリンピック応援サイト」(http://www.asics.tokyo/tokyo2020/index.html)および同社直営店「アシックスストア」で販売する。

また、日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)の「公式ライセンス商品Tシャツ」も数量限定で販売する。「TOKYO」のロゴを胸部にあしらい、カラフルなスポーツウエアが重なるイメージや、加速的に変化する東京の街の印象を文字の中に表現した。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では、今後さまざまなライセンシーパートナーと提携し、大会エンブレムやJOC/JPCのエンブレムを使用した公式ライセンス商品を展開する。

6月下旬には組織委が独自に企画販売する「公式オリジナル商品」の発表や、7月には期間限定オフィシャルショップを都内2カ所にオープンする。

東京2020ライセンシング事務局では、公式ライセンス商品の製造・販売を希望し、大会を共に盛り上げてくれる一般企業のライセンシーを募集中だ。

サイト「東京2020ライセンシングプログラムのご案内」:
https://tokyo2020.jp/jp/organising-committee/marketing/licensing/howto/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ