【参加者募集】ワークショップ「NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分!」

電通のクリエーティブシンクタンク・電通総研Bチームは、ビジネス誌『Forbes JAPAN』とアカデミーヒルズライブラリーとの共催で6月29日、ワークショップ「NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分!」を開催する。会場は東京・アカデミーヒルズ六本木ライブラリー。今回はライブラリー会員以外に先着で40人を招待する。応募はアカデミーヒルズウェブサイトから(6月27日正午まで。定員になり次第締め切り)。

出演者一覧


同ワークショップは『Forbes JAPAN』の連載「電通総研BチームのNEW CONCEPT 採集」の番外編として実施するもので、前回トークセッションに続く第2弾。

同連載では、小さいことの価値に注目する「スモールメリット」や、視界をそのまま映像化する「無編集一人称コンテンツ」など、世界中から新しいコンセプトの芽を見つけて紹介している。今回のイベントは誌面を飛び出し、「NEW CONCEPT」の発想法を活用したアイデア発想法と課題解決演習が目玉だ。

ゲストはNHKのディレクター・小国士朗氏。「NHKは社会課題のメガ・プラットフォームだ」と語り、「クローズアップ現代」や「NHKスペシャル」などの番組制作を通して、さまざまな社会課題に向き合ってきた。

前半は、電通総研Bチームのクリエーティブ・ディレクター・倉成英俊氏がモデレーターとなり、小国氏と藤吉雅春Forbes JAPAN副編集長、電通総研Bチームのコピーライター・鳥巣智行氏の4人で、小国氏から提示された課題を「NEW CONCEPT」でどう解決していくのかを考えるトークセッションを繰り広げる。

後半は小国氏と鳥巣氏がファシリテーターとなり、同チームが開発したアイデア発掘ツール「マジックワードカード」を使ってそれらの課題を解決するためのワークショップを行う。
 

マジックワードカード
マジックワードカード
会場のアカデミーヒルズ六本木ライブラリー
会場のアカデミーヒルズ六本木ライブラリー

 

ワークショップ「NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分!」概要
【日時】
6月29日(水)19時〜21時(開場18時30分)
【会場】六本木アカデミーヒルズ49階「スカイスタジオ」
東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー49階
【出演者】
小国士朗(NHKディレクター)
藤吉雅春(『Forbes JAPAN』副編集長)
倉成英俊(電通総研Bチーム クリエーティブ・ディレクター)
鳥巣智行(電通総研Bチーム コピーライター)
【参加申込】先着40人を招待。応募はアカデミーヒルズウェブサイトから(6月27日正午まで。定員になり次第締め切り。他にライブラリー会員が参加します)


関連記事

続きを見る
ページ先頭へ