電通、「みんなの文字」ビットマップフォント版の受注生産を開始

電通は6月6日、ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会※1(UCDA)と共同で、読みやすさを科学的に検証したフォント「みんなの文字」※2のビットマップフォント版を新たに開発したと発表した。その受注生産を同日より開始した。企業や自治体が発信する情報が、多くの人にきちんと伝わっているか、情報の見やすさ、分かりやすさが問われる時代になっている。電通の社内横断チーム「電通ダイバーシティ・ラボ」では「見やすさプロジェクト」を立ち上げ、科学的な根拠をもって「わかりやすさの基準づくり」をしているUCDAと、UDフォントの先駆けであるイワタとともに、さまざまな使用シーンでより使い勝手の良いフォントの共同開発を進め、2012年4月に「みんなの文字ゴシック体」を、2016年3月に「みんなの文字明朝体」を世に送り出した。発売以来、「みんなの文字」は高評価を得ており、自治体の通知物や申込書、企業パンフレットなどの案内書類、CSRレポートなど多方面で使用されている。そしてこの度、新たにビットマップフォント版の開発に至った。ビットマップフォントは銀行通帳、ATM画面表示、スーパーマーケットなどのレジのレシート、食品のパッケージラベル、電光掲示板など、私たちの日常生活に密着した場面で広く使用されるフォントで、視認性の高さが求められる。ビットマップフォント版の普及が「みんなの文字」全体の普及・拡大に貢献するものと期待されている。

※1ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(UCDA)は、科学的根拠に基づきコミュニケ

 ーション・デザインにおける「わかりやすさ」の認証を行う国内唯一の機関。「見やすいデザイン」 と「伝わるデザイン」の第三者認証を行っている。

※2UCDAフォント「みんなの文字」とは、UCDAと東京電機大学工学部准教授矢口博之氏が開発し

  た特許IPO評価を基に制作し、UCDAの認証委員会が「わかりやすい文字」として認証された書体  のこと。

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0606-008940.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ