電通、ニューヨークフェスティバル 2016において
「トーチ・アワード」グランプリを受賞

ニューヨークフェスティバル(New York Festivals)2016の「トーチ・アワード」(Torch Awards)部門の表彰式が5月19日に米国ニューヨークで行われ、電通のクリエーティブ・チームがグランプリを受賞した。2015年に引き続き、2年連続でのグランプリ受賞となった。

「トーチ・アワード」は、18歳以上27歳以下の若手クリエーターを対象に、才能の発掘と育成を目的として2014年に新設された賞で、今年は「インクルーシブデザインの進歩」をデジタルで表現する課題で競われた。

インクルーシブデザインとは、高齢者、障がい者、外国人など、特別なニーズを抱えた個人を設計や開発の初期段階から積極的に関与させて、対話や観察から得たヒントをデザインに反映させる手法のこと。

※チームには賞へのエントリー当時、学生だったメンバーが含まれており、その学生は2016年4月に韓国の広告会社「Cheil Worldwide」に入社している。

【ニューヨークフェスティバルとは】
1957年に設立されたニューヨークフェスティバルは、80ヵ国以上が参加する世界を代表する国際広告賞のひとつ。19部門(Activation & Engagement、Avant-Garde / Innovative、Branded Content / Branded Entertainment、Creative Marketing Effectiveness、Design、Digital (Cyber) Communications、Direct Mail & Collateral Materials、Film、Film Craft、Integrated、Best Use of Media、Mobile Marketing、Outdoor / Out of Home Marketing、Package & Product Design、Print、Public & Media Relations Campaigns、Public Service Announcements / Communications、Radio、Student Work)で構成され、2014年からTorch Awards部門が加わった。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0606-008941.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ