【参加者募集】エディー・ジョーンズ氏登壇「アジアスポーツマネジメントセミナー アジアが世界で勝つためのビジョンと戦略」

電通は、スポーツマネジメントの修士号であるFIFAマスターを運営するスポーツ研究国際センター(CIES)との共催で6月29日、前ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏らを迎え「アジアスポーツマネジメントセミナー アジアが世界で勝つためのビジョンと戦略」を東京・汐留の電通ホールで開催する。参加者400人を募集中(無料、定員になり次第締め切り)。詳細と応募はこちらから。

ゲストは左からエディー・ジョーンズ氏、パク・チャンホ氏、ジュ・シャオドン氏
ゲストは左からエディー・ジョーンズ氏、パク・チャンホ氏、ジュ・シャオドン氏


同セミナーは、アジアにおけるサッカービジネスの活性化を目的に過去3回開催されてきた「アジアサッカーマネジメントセミナー」を一新したもの。今回はラグビー界、野球界の特別ゲストも招き、サッカーの枠を超えてスポーツビジネスを説く。

セミナーでは、ラグビーワールドカップ2015の舞台で日本に24年ぶりの勝利をもたらしたエディー・ジョーンズ氏と、1994年に韓国人初のメジャーリーガーとなり2015年には米プロ野球スカウト財団から「パイオニア賞」を受賞した朴賛浩(パク・チャンホ)氏が、それぞれ監督、選手としての立場で講演する。

FIFAマスターの第2期生で、中国でサッカー、テニス、マラソンなどスポーツの分野においてさまざまなビジネスを展開するオーシャンズ・スポーツ&エンターテイメント・マーケティングCEOの朱暁東(ジュ・シャオドン)氏は、ビジネスの観点からアジアが世界で勝つためのグローバルなビジョンを解説する。



【開催概要】
日時:6月29日(水)18時30分~21時(開場18時)
会場:東京都港区東新橋1-8-1 電通本社ビル1階「電通ホール」
主催:電通、スポーツ研究国際センター(CIES)
受講料:無料
定員:400人(定員になり次第締め切り)
申し込み:http://www.asiasports.jp


関連記事

続きを見る
ページ先頭へ