電通シンガポール マーケティング・マガジン 「Agency of the Year」獲得 初の快挙

Dentsu Singapore

電通シンガポールのRosalynn Tay CEO(左から5人目) 、電通イージス・ネットワークSEAのDick van Motman Chairman兼CEO(同6人目) 、日比野貴樹 電通執行役員(同7人目)、電通シンガポールSVPの河村英樹氏(同8人目)

マーケティング・マガジン主催「Agency of the Year 2016」の表彰式が5月25日、シンガポールのシャングリラホテルで開催され、電通シンガポールがグランプリに当たる「Overall Agency of the Year」を初受賞した。

同広告賞はシンガポールの広告業界において最も権威のある賞のひとつで、クリエーティブ、デジタル、メディア、ソーシャルなど14部門にわたってAgency of the Yearが顕彰される。電通はブランドコンサルタンシーおよびコンテンツマーケティング部門でゴールド、クリエーティブ部門でシルバーを受賞し、Overall Agency of the Yearへとつながった。

また、個々のキャンペーンを評価対象とする「MARKies」も併催され、こちらでも電通シンガポールはテレビ部門(シンガポール海軍)とリテールショッパー部門(ユニクロ)で、部門グランプリに当たるベストアイデア賞を獲得した。

RSN
シンガポール海軍の若年層を対象にした入隊促進キャンペーン。オンライン動画は1カ月で100万ビューを超えた。(画像をクリックしていただくと公式サイトで動画をご覧いただけます)

 

MKTG
ユニクロのオリジナルTシャツを制作できるモバイルアプリ「UTme!」の キャンペーンの一環として、GPS技術を活用したコンテンツ「The UNIQLO Street Tales」 (ユニクロ・ストリート物語)を制作。シンガポール建国50周年に関連して、同国を象徴するセレブリティーや地元のアーティストなどがシンガポールのさまざまな場所とまつわるストーリーを、UTme!を使ってTシャツに表現。ユニークなブランド体験を提供すると同時に販売にも大きく寄与した。
 
 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ