カンヌライオンズで電通は三つのセミナーを実施
ブライアン・イーノ氏が登場予定!

電通は6月15日、フランス・カンヌで18~25日に開催される第63回「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で、次の三つのセミナーを行うと発表した。

1.Dentsu Lab Tokyo Seminar
日時:6月19日(日)16:45~17:30(フランス時間)
テーマ:Creativity Through Machine Intelligence: A Conversation with Brian Eno
(クリエーティビティー・マシン・インテリジェンス:ブライアン・イーノ氏との対談)
概要:Dentsu Lab Tokyoは機械知能(MI)が、いかにして人間のようなクリエーティビティーを獲得することができるかという可能性を追求するプロジェクトを実施。その結果、ミュージシャン・作曲家・プロデューサー・作家・現代思想家・政治活動家として活躍するブライアン・イーノ氏の最新アルバム「The Ship」のタイトル曲に合わせたユニークな自動生成映像が制作された。同映像の世界公開に先駆け、イーノ氏をゲストとして迎え、プロジェクトの背景や制作のチャレンジについて解説する。

2.Dentsu Seminar
日時:6月20日(月)14:00~14:45(フランス時間、日本時間同日21:00~21:45)
※「Lions Live」としてYouTubeでライブストリーミング配信予定
テーマ:Thinking Design(デザインで考える)
概要:デザインとは、見た目やセンスのことだけではない。デザイン・ライオンを28回受賞しているクリエーティブ・ディレクター八木義博氏と共に世界を旅してより広義のデザインについて考える。

3.Dentsu Ventures Innovation Seminar
日時:6月22日(水)10:45~11:15(フランス時間)
テーマ:Redefining Creativity, Reinventing Agency Business
(クリエーティビティーを再定義し、エージェンシービジネスを改革する)
概要:スタートアップ、クライアント、エージェンシーという3者の関係において、さまざまな形のイノベーションが起きている現在、エージェンシー自身のイノベーションは起こり得るのか? クリエーティビティーを再定義し、エージェンシーのスキルを活用すると、エージェンシービジネスはどう進化するのか、Dentsu Venturesの笹本康太郎氏がプロジェクトを事例に検証する。

詳細は電通ニュースリリースで。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ