すき家 新テレビCM

設楽さん、安さんが「うな牛」をPR

牛丼チェーンを全国展開するすき家本部は6月16日、東京・港区のラフォーレミュージアム六本木で新テレビCM発表会を行った。

冒頭、興津龍太郎社長は2007年から夏の季節商品として販売している「うな牛」を紹介した。同商品は牛丼とうなぎのかば焼きを一つの器に盛ったもので「栄養価が高くバランスの良い牛丼と、疲労に効くというビタミンを含んだうなぎの組み合わせは最強タッグだ」と自信を見せ「これからの暑い季節にうな牛を食べて、夏を乗り切ってほしい」とあいさつ。お笑いコンビ・バナナマンの設楽統さんとタレントの安めぐみさんを起用した新テレビCM を放送すると話した。

同24日から放送の「うな牛2016 家族」編は、設楽さんと安さんが夫婦役で出演。家族がすき家でうな牛を和気あいあいと食べる様子を描いた。また7月26日から5日間限定で放送される「同 丑の日」編では、会社員の設楽さんがランチタイムに後輩とうな牛を楽しむ。

CMの上映後、ステージには設楽さんと安さんが登壇した。2人は撮影について「現場が温かい雰囲気で、CMでもファミリー感がうまく出たと思う」「実際の店舗と同様のセットが組まれ、自然に演技ができた」など感想を述べた。設楽さんは、安さんの夫・東貴博さんとは芸人仲間であることから「東さんを意識しつつも、安さんを本当の妻と思って撮影に臨みました」と照れた様子。

日頃からすき家を利用するという2人は、うな牛以外でも「ねぎ玉牛丼」や「かつぶしオクラ豚丼」もお薦めと話し、すき家の魅力について「安くておいしい豊富なメニュー、店舗の多さ、安心の品質管理」などを挙げた。うな牛を試食した設楽さんは「牛丼とうなぎの組み合わせは“夢のコラボ”だ」と絶賛。「見ているだけで、無性に食べたくなる」とうらやましそうなMCに「だろっ!?」とCMのせりふで笑わせた。

最後に2人は「大切な人とうな牛をたくさん食べて、夏バテをぶっ飛ばそう」とメッセージを述べた。

すき家 CMギャラリー:http://www.sukiya.jp/gallery/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ