「怪盗ナゲッツ」

神宮球場に現る!

日本マクドナルドは6月8日から、「チキンマックナゲット」のソースに、期間限定で「クリーミーチーズソース」と「フルーツカレーソース」を追加して販売中で、そのソースを狙って全国に神出鬼没に現れるキャラクター「怪盗ナゲッツ」を使ったキャンペーンを実施している。

怪盗の正体についての予測や店舗などでの目撃情報、さまざまな場所にある犯行予告をSNSに投稿すると、抽選で“金のナゲット”やクーポンがプレゼントされる。

怪盗はこれまでも全国数カ所のマクドナルドの店舗に出没。客の限定ソースをディップしてナゲットを食べ、両手の親指と人差し指を立てて「ナゲッツ!」ポーズを決めてから立ち去る行為を繰り返している。同16日には試食が行わていた鳥取県庁に登場し、平井伸治知事のソースを奪った。さらに県名を「鳥」(チキン)と「取」(ゲッツ)にかけて「チキンナゲット県」にしてほしいと陳情する一幕もあり、世間を騒がせている。

 

怪盗は6月18日、プロ野球・ヤクルトスワローズと西武ライオンズの試合が行われる、東京・新宿区の神宮球場に現れた。

 

 

怪盗はドナルド・マクドナルドをバッターに迎え始球式を実施。また、両チームへ「チキンマックナゲット」の無料クーポン72日分(7=ナ、ゲッ、2=ツー)を贈呈した。また、試合の合間に観客と一緒に「ナゲッツ!」ポーズを決めたり、7回のラッキーセブンには、チアリーダーやスワローズのマスコット・つば九郎らと共に、スワローズの応援で知られる「東京音頭」をグラウンドで披露し球場を盛り上げた。応援の効果か、スワローズは7回裏の攻撃でホームランで1点を追加。それが決勝点になり5対4で勝利した。

公式キャンペーンサイト:http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/dandydehanai/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ