電通、電気通信大学人工知能先端研究センターのサポーター企業として参画

電通は、電気通信大学が7月1日に設置する「人工知能先端研究センター」(Artificial Intelligence eXploration Research Center:AIX)にサポーター企業として参画する。

同研究センターは、「特色ある研究を融合させた革新的学際・融合分野の創造」を戦略的に行うため、同大学が強みを有する人工知能(AI)、ロボティクス、ビッグデータ、計算機科学、サービスサイエンスの研究者を結集し設立。今後AIが急速に進化し社会実装される過程で、AIが人と共生するための核となる汎用人工知能の実現を目指す。企業とも積極的に連携し推進していく予定で、電通、クロスコンパス・インテリジェンス、サイジニア、オルツ、ネクストの5社がサポーター企業として参画する。

詳しくはhttp://aix.uec.ac.jp

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ