「宇宙兄弟」、有村架純さんらがau×HAKUTO MOON CHALLENGEアンバサダーに就任

KDDIは7月7日、世界初の民間による月面探査レースに挑戦する「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダー就任式を東京・中央区のベルサール汐留で開催した。アンバサダーには女優の有村架純さん、タレントの篠原ともえさん、人気漫画「宇宙兄弟」、人気ロックバンド・サカナクションが就任し、夢と希望の詰まったチャレンジを応援する。

左からKDDIの山田隆章さん、有村架純さん、篠原ともえさん、コルクの佐渡島庸平さん、HAKUTOの袴田武史さん

「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」は、民間組織による月面無人探索を競う国際レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチームHAKUTOと、通信技術面などでサポートするauなどによるプロジェクトだ。

就任式にはまず、KDDIコミュニケーション本部長の山田隆章さん、HAKUTO代表の袴田武史さんが登場し、プロジェクトの概要を説明した。袴田さんは「レースでは着陸地点から500メートル以上移動すること、動画や静止画を高解像度で地球に送ることなどがミッション。困難なチャレンジだが、成し遂げるためにはauのサポートが極めて重要」と語った。

続いてアンバサダーとして、有村さん、篠原さんが七夕にちなみ浴衣姿で登場。auのCM「三太郎」シリーズでかぐや姫に扮している有村さんは月にゆかりがあるだけに、「とても大きい挑戦なので、多くの人に知っていただくためにもアンバサダーとして力になれれば」と意気込んだ。

星空準ソムリエと星空博士の称号を持ち、「宙ガール」としても知られる篠原さんは「このプロジェクトは天文ファンの間でもものすごく話題になっている。日本のアイデアが月に渡るというだけでも興奮してしまう。篠原のパワーも一緒に月に届けて、活動の力になればうれしい」と熱く語った。

人気漫画「宇宙兄弟」の作者・小山宙哉さんによる特別ビジュアルが紹介された後、漫画編集者であるコルク代表・佐渡島庸平さんが話に加わると、篠原さんが以前「宇宙兄弟」に自身をモデルにしたキャラクターで登場したエピソードを披露。篠原さんに「お願いすれば(漫画に)出られる」とアドバイスされた有村さんが、佐渡島さんに「よろしくお願いします」と頭を下げる場面もあり、会場は大きな笑いで包まれた。 

その後、応援ソングを担当するサカナクションからのビデオメッセージが流れ、最後は七夕らしく登壇者全員が願いごとを書いた短冊を披露。それぞれの願いごとは、「月に行きたい」(有村さん)、「宇宙服をデザインしたい」(篠原さん)、「Google Lunar XPRIZE優勝」(袴田さん)、「au×HAKUTO MOON CHALLENGEの成功」(山田さん)、「世界中の人が同時にワクワクするエンターテイメントの制作」(佐渡島さん)だった。

「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」公式サイト:http://au-hakuto.jp/

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ