『戦略思考のリスクマネジメント』刊行

7月15日、『戦略思考のリスクマネジメント~業績向上につながる5つの危機管理力の磨き方』(発行:日経BPコンサルティング、編著:企業広報戦略研究所/電通パブリックリレーションズ内)が発売された。

書影・戦略思考のリスクマネジメント
                                                    四六判、270ページ、1800円+税、ISBN978-4-86443-109-5

本書は、組織の存続が危ぶまれる事象が発生した状態「クライシス」への対応にとどまらない、リスクを本来の意味である「不確実性」と捉え、リスクマネジメントを論じている。

事業に影響を及ぼす要素は多岐にわたり「不確実性」が付きまとう。この様な観点から「リスクマネジメントは経営そのもの」とも述べている。

2015年に上場企業を対象に実施した危機管理力調査結果(有効回答392社)の考察と具体的な対策に加え、「危機」に関する著名な経営者へのインタビューで構成されており、実態を踏まえた戦略書となっている。

「いかに備えていても危機は起きる」。経営層や危機管理に携わる者の一助となる一冊だ。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ