電通、台湾の有力デジタルマーケティング・エージェンシー「WIS社」の株式100%取得で合意

7月14日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


2016年7月14日

電通、台湾の有力デジタルマーケティング・エージェンシー
「WIS社」の株式100%取得で合意

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、台湾の有力デジタルマーケティング・エージェンシーである「WIS Performance Media Inc.」(本社:台北市、以下「WIS社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

2005年に設立されたWIS社は、台湾のSEM市場のおよそ6割を占める中小零細事業者の需要に対して、パフォーマンスマーケティング領域のサービスを提供し、急成長してきました。100名の従業員を抱える同社は、台湾でサーチエンジン会社上位2社の広告枠を販売できる権利「公認リセラーステータス」※1を保有しており、さまざまな業種にまたがる約1,500社にデジタルマーケティング・サービスを提供しています。また、WIS社はGoogleのアナリティクス・パートナーにもなっています。

株式取得後、当社はWIS社を当社グループの9つのグローバルネットワーク・ブランド※2の1つであるiProspect(アイプロスペクト)の台湾拠点と合併します。WIS社が加わることで、台湾でナンバーワンの広告会社グループである当社のビジネス基盤がさらに強固なものとなり、パフォーマンスマーケティング領域に強みを持つiProspect台湾のビジネス規模も倍増することになります。

今後、WIS社はブランド呼称を「iProspect WIS」とし、グループ各社との連携を図りながら、台湾のデジタル領域での成長戦略を加速させていきます。

当社グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が行っている世界の広告費成長率予測(2016年3月)によると、台湾の2015年のデジタル広告費は、前年比で15.0%増でした。2016年、2017年も2桁成長(それぞれ13.7%増)が続くと予測しています。

なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


※1 広告主とサーチエンジン会社との間を仲介し、広告主の代わりにメディアを購入する台湾特有のビジネス形態。
※2 電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、9つのグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。9つのブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

 

【WIS社の概要】
社名: WIS Performance Media Inc.
本社所在地:台湾・台北市
設立: 2005年8月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
 収益(Revenue) 1億1,200万台湾元(約3.6億円)(2015年12月期)
代表者: Simon Wu (創業者兼CEO)
 Fay Lo (Vice President)
 David Lee (Business Director, Overseas Business Development)
従業員数:100名
事業内容:デジタルマーケティング全般のサービスを提供

以上


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0714-008987.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ