米国発★「ありのままで、美しい」。動画「Here I am」が話題

米大手百貨店チェーン、J.C.ペニーの動画「Here I Am」が話題を呼んでいる。6月18日公開から1カ月たった現在、約340万再生を記録。勢いはまだとまらず、伸び続けている。プラスサイズ(大きなサイズの服)の「Boutique+」のプロモーション動画で、体型に悩み苦しめられた過去を持つ5人の女性が登場。ありのままの自分を愛するに至るまでの道のりを語り、美しさや幸せは体型と関係がないことを宣言する。電通イージス・ネットワーク傘下のマクギャリーボウエンが手掛けた。

mb
上記画像をクリックすると公式サイトで動画をご覧いただけます

動画の冒頭でベストセラー作家のJes Bakerさんは、「もし私が痩せていたら、もっといい人生を送れただろうか」と問いかける。そして間髪入れず、「ノー。でも体型のせいであれほどひどい扱いを受けてこなければ」と答える。グラミー賞候補アーティストのMary Lambertさんは、子どものころ歌手になりたいと言ったら家族に「あり得ない」と言われたこと、リアリティーショー「プロジェクト・ランウェイ」で一躍脚光を浴びたファッションデザイナーのAshley Nell Tiptonさんはいつもからかわれ、いじめの対象になっていた過去を明かす。

ヨギ(ヨガ愛好家)のValerie Sagunさん、人気ファッションブロガーのGabi Freshさんを含め「プラスサイズ」の5人は、「今の自分を愛せないで、未来の自分は愛せない」と、体型にとらわれることなく自分を肯定し、行動しようと呼び掛ける。ヨガやダンスをしたり、ランウェイを歩いたり、雑誌の表紙を飾ったり、キュートな男の子にキスしたり、世界中を旅したり。さあ、幸せになるときが来た、と視聴者にエールを送る。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ