地方ブームが加速!電通、「ジャパンブランド調査2016」を発表

電通は7月26日、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業において、顧客企業のマーケティング活動支援を目的にした「ジャパンブランド調査2016」を発表した。特に東アジアでは行きたい都道府県の上位に北海道や沖縄が、地方で体験したいものの上位に温泉や桜、ローカルフード、祭りなどが挙がり、関心はますます地方へとシフトしている。

本調査は2011年より継続して行っており、2016年は前回調査からさらに設問の幅を広げて4~5月に20カ国・地域※で実施した。親日度や訪日旅行意向、訪問地域とその理由、日本および日本産品に対する興味・関心やイメージなどに関する詳細データと知見を収集し、海外展開する企業や、国内で訪日客対応を進める企業に調査結果を提供している。

※20カ国・地域…中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア


行きたい日本の都道府県の1位は依然として東京だったが、中国、香港、韓国、台湾といった東アジアでは北海道や大阪、京都、沖縄が上位にランクインしており、東京離れが前年よりも進みつつある。

また、北海道に行きたい人が現地でやりたいと思うことは、温泉、桜、雪、紅葉など自然や四季の体感に加え、札幌ラーメンの影響かラーメンが高い傾向にあった。沖縄では海、島などに加え、郷土料理、ローカルフードといった食、世界遺産や第二次世界大戦跡といった史跡観光が挙がった。いずれも日本人が北海道や沖縄に感じるものとほぼ同じであり、各都道府県の象徴的な観光地や文化・体験などの魅力が海外にも伝わり、理解されていると考えられる。

日本の地方 訪問意向トップ5
 
体験したい地方のものトップ5

その他、日本に対する好感度、訪日意向共にトップはタイ。日本の世界遺産で最も認知されているのは原爆ドームで、訪問意向では富士山がトップに挙がった。優れている日本の物事には、前年に続き日本のロボット工学、日本食、アニメ・漫画もトップ3にランクインした。


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0726-008990.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ