ゴールドパートナーが合同で、
「がんばれ!ニッポン号」運行

日本オリンピック委員会(JOC)・日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)のゴールドパートナー全15社は両委員会とともに8月1日~9月15日、JR山手線で「リオ2016オリンピック・パラリンピック がんばれ!ニッポン!号」を運行する。

(写真 ⓒ Ken Ishii/Getty Images for JOC and JPC)

リオ大会に出場する日本代表選手団を応援するため、全15社のパートナーによる初の合同プロモーションとして注目される。

(JOC・JPCゴールドパートナー 全15社=アサヒビール、アシックス、キヤノン、JXエネルギー、東京海上日動火災保険、日本生命保険、日本電気、日本電信電話、野村ホールディングス、富士通、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、三井不動産、明治、LIXIL)

同号は、JR山手線 1編成 全11車両の運行で、車両の中が日本代表選手団のグラフィックで彩られる。フロアにはフィールドのイメージが施され、中吊り・窓上には両委員会の協力で選手の躍動する写真などを掲出している。

車両は8月1~25日がオリンピック仕様、8月26日~9月15日がパラリンピック仕様となる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ