電通、アクティベーション領域に強みを持つドイツのライフスタイル・マーケティング会社「マルケンロフト社」の株式100%取得で合意

8月18日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


2016年8月18日

電通、アクティベーション領域に強みを持つドイツのライフスタイル・マーケティング会社「マルケンロフト社」の株式100%取得で合意

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、消費者のブランド体験や経験価値にフォーカスしたアクティベーション領域に強みを持つドイツのライフスタイル・マーケティング会社「Markenloft GmbH」(本社:デュッセルドルフ市、Managing Partners:Kai Burkhard、Sebastian Birwe、以下「マルケンロフト社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

2008年に設立されたマルケンロフト社は、企業と消費者を結び付けるため、製品やサービスのブランド体験ができる各種イベントの企画・運営やスポーツ大会のスポンサーシップなどアクティベーション領域のサービスを提供しています。そのサービスにはイベントの実施・運営だけでなく、顧客企業のアクティベーション活動を活性化するためのブランドコミュニケーション戦略の策定やコンサルティングサービスも含まれ、それが同社の強みとなっています。

本件買収の目的は、当社グループの9つのグローバルネットワーク・ブランドの一つでライフスタイル・マーケティングを標榜するMKTGのドイツ拠点の設置にあります。株式取得後、当社はマルケンロフト社をMKTGのネットワークに組み込み、今後3カ月をめどに社名をMKTGに変更します。

今後、グループ各社との連携によりシナジーを生み出していくことで、ドイツ市場における成長戦略を加速させていきます。

なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


※  電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、9つのグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。9つのブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

 

【マルケンロフト社の概要】
社名:Markenloft GmbH
本社所在地:ドイツ・デュッセルドルフ市
設立:2008年12月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):421万ユーロ(約4.8億円)(2015年12月期)
代表者:Kai Burkhard(Managing Partner)
 Sebastian Birwe(Managing Partner)
従業員数:30名
事業内容:アクティベーション領域全般のサービスを提供

以上


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0818-009013.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ