“スポーツアイランド沖縄”の実現を目指してシンポジウム開催

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローは11月13日、シンポジウム「アジア・世界に開かれたスポーツアイランド沖縄の実現を目指して~スポーツコミッション沖縄(仮称)設立に向けて~」を、那覇市のタイムスビルで開催した。

冒頭、「スポーツコミッション沖縄(仮称)設立準備事務局」設置の記者会見が行われた。 スポーツツーリズムの一層の発展と、スポーツアイランドの実現に向け、同事務局が設置されたことや、「スポーツアイランド沖縄」のロゴマークなどが紹介された。

トークセッション「沖縄ランニングとスポーツ環境について」では、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストで観光庁ランナーズインフォメーション研究所所長の高橋尚子さんが登壇。「沖縄は冬でも暖かいので、一年を通じてスポーツを楽しめる。特にランナーにとって、冬でも筋肉を柔らかくして走れるのでうれしい。美しい自然や国際通りなどの楽しい街もあり、気分転換に最適。スポーツ選手だけでなく、一般の方々もぜひ来てほしい」と話した。

沖縄県からは、高良倉吉副知事が、「スポーツツーリズムをより発展させるため、受け入れのワンストップ窓口機能を持ち、競技スポーツや生涯スポーツ、スポーツコンベンションを一体化して推進する、事務局の設置は大変意義深い」と仲井眞弘多知事のあいさつを読み上げた。

引き続き、スポーツツーリズム推進機構の原田宗彦会長が、「スポーツツーリズムによる地域活性」をテーマに基調講演を行い、「スポーツコミッションの設立によって、地域スポーツの振興と地域経済の活性化が起こっている。沖縄らしいスポーツが盛んになることを願っている」と語った。

最後に、「スポーツを通じた沖縄の発展の可能性~活力ある沖縄県を目指して」と題し、観光庁や沖縄県、沖縄観光コンベンションビューローをはじめ、スポーツツーリズムに関する有識者7人によるパネルディスカッションが行われた。

なお、本シンポジウムに先立ち、11月12日に、沖縄県今帰仁村の古宇利島において、観光庁ランナーズインフォメーション研究所の認定コース「海の上を走る道」を、高橋所長が地元の小学生たちとジョギングするイベントが行われた。古宇利島に架かる大橋を走った高橋さんは「橋の両側のエメラルドの海がきれいで驚いた。走っている人にもぜひこの景色を見てほしい。かなりオススメのコース」と感激した様子だった。

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ