都民広場に巨大な東京パラリンピックの
エンブレムが出現(動画あり)

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都は、2020年東京パラリンピック開会式の4年前に当たる8月25日、都庁の都民広場と都立府中けやきの森学園で、カウントダウンイベント「みんなの Tokyo 2020 4 Years to Go!!」を開催した。

都民広場のオープニングセレモニーには、東京都の小池百合子知事や日本パラリンピック委員会の山脇康委員長らと、ゲストとして、陸上競技のパラリンピアン・谷真海さんやリオパラリンピックのカヌー競技日本代表・瀬立モニカ選手、元水泳日本代表の岩崎恭子さん、東京大会のエンブレム作者・野老朝雄さんが出席した。

小池知事は「リオオリンピックでは躍動する選手たちから大いに力をもらった。東京大会は、アスリートファーストにしなければという思いを強くした」と話し、リオでオリンピック旗を引き継ぎ、東京に持ち帰ったことを報告した。

また、イベントについて、2020年パラリンピック大会の会場を満員にするという目標に向けて、できるだけ多くの人にパラリンピックの魅力を知ってもらい関心を持ってもらうためのイベントだと説明。「パラリンピックが盛り上がることで、2020年大会が成功したと言える。世界中から集まるパラリンピック選手を迎えるため、ハード・ソフト両面の取り組みを全力で進める」とあいさつした。

セレモニー終了後、広場では「みんなで作る東京2020大会エンブレム」が行われ、小学校児童約100人が参加した。巨大なオリンピックエンブレムを分解し、その後あらためてパラリンピックエンブレムを作り上げるイベントだ。

元々、両エンブレムは共に45の四角いピースが組み合わされて構成されていて、「多様性と調和」のメッセージの下、“違いはあっても、超えてつながりあう”ということをデザインで表現している。

 

児童たちは力を合わせてピースを移動させ、見事にパラリンピックエンブレムを完成させた。そして「みんなの Tokyo 2020 4 Years to」の掛け声に「Go!!」と大きな声で答えた。

同日、都立府中けやきの森学園でもシッティングバレーボール体験や、リオパラリンピック日本代表選手団への応援メッセージ作成「みんなのエールを届けよう!」が行われた。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ