「IOC/Tokyo 2020 オリエンテーションセミナー」開催

日本オリンピック委員会(JOC)と東京都は11月14、15の両日、国際オリンピック委員会(IOC)と合同で、「IOC/Tokyo 2020 オリエンテーションセミナー」を東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで開催した。

同セミナーは、東京大会の開催準備について協議する実務者会議といえるもので、IOCからは、オリンピック競技大会エグゼクティブディレクターのジルベール・フェリ氏を中心とする代表団が来日した。IOCは、組織委員会の留意点や7年間の準備内容などについて説明、2日間にわたり日本側の大会関係者と活発な議論がなされた。

15日のセミナー終了後に合同記者会見が行われ、フェリ氏はセミナーの成果と「東京が既に迅速なスタートを切っていることをうれしく思う」と語った。JOCの竹田恆和会長は「開催に向け多くのアドバイスをもらった。大会ビジョンの明確化と共有の大切さを再認識した」と話した。

ジルベール・フェリ氏(IOC オリンピック競技大会エグゼクティブディレクター)

全てのオリンピックとユースオリンピック行事の運営、調整、調査に対する責任者。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ