【公募】案内、清掃、移動支援のロボット実験プロジェクトが羽田空港で開始

羽田空港国内線ターミナルを運営する日本空港ビルデングは「Haneda Robotics Lab(ハネダロボティクスラボ)」を設置し、ロボット製品の実験導入を東京・羽田空港で行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト2016」の第1期参加事業者を9月20日から公募している。

日本の労働生産人口の減少が予想される中、ロボットの技術や法規面での課題抽出、知見の共有を通して、日本社会におけるロボットテクノロジーの普及に貢献することを目的としている。プロトタイプを含むロボット製品の募集カテゴリーは「案内」「移動支援」「清掃」、募集期間は10月13日まで。公募要項などはこちらから。

Haneda Robotics Lab

同プロジェクトは、経済産業省「ロボット導入実証事業」に採択されており、政府が進める「改革2020」プロジェクトの一環として、国土交通省および経済産業省と連携して実施する。

これまでにも羽田空港では、腰に装着する作業支援用のロボットスーツや、床面の清掃業務などにロボットを活用してきた。年間7500万人以上が利用する同空港はユーザーテストの場としても適しており、空港の利用者にロボットを身近に感じてもらうとともに、日本の最先端技術が世界中に発信されることを期待している。

ロボットスーツHAL
サイバーダインのHAL作業支援用(腰タイプ)
サイバーダインのクリーンロボット
サイバーダインのクリーンロボット
なお、同プロジェクトや公募の詳細について、事業者・開発者向けの説明会を9月30日に羽田空港で実施する。詳細・申し込みはこちらから。


羽田空港 ロボット実験プロジェクト 2016 公募要項

事業者・開発者向け説明会

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ