電通、米国のOOH専門の広告会社「C2Cアウトドア社」の株式100%取得で合意

9月23日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


2016年9月23日

電通、米国のOOH専門の広告会社「C2Cアウトドア社」の株式100%取得で合意

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、米国におけるOOH(屋外・交通広告)ビジネスの強化・拡充のため、現地のOOH専門の広告会社「C2C Media LLC」と制作会社「D1 Ink, Ltd.」(共に本社:ニューヨーク市、以下2社を合わせた通称「C2Cアウトドア社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

2007年に設立されたC2Cアウトドア社は、主にOOHメディアのプランニングとバイイングを担うC2C Media(C2Cメディア)と、OOH広告のプリント制作およびマネジメントを行うD1 Ink(D1インク)の2社で構成されています。

現在ニューヨーク市とロサンゼルス市に営業拠点を構え、15名のOOHスペシャリストが米国の大手メディアエージェンシー向けにOOHサービスを提供するほか、アパレルやケーブル/放送、テクノロジー業界の広告主との直接取引も行っています。

同社は、2012年にCrainの「ニューヨークで最も急成長している企業」の14位に選ばれ、2014年にはForbesの「米国有望企業」の1社として取り上げられています。

株式取得後、当社はC2Cアウトドア社を当社グループの10のグローバルネットワーク・ブランドの1つでOOH広告を専門に取り扱うPosterscope(ポスタースコープ)の米国拠点に組み込みます。Posterscopeとその傘下にあるデジタルOOH広告専門のLiveposterと連携することで、米国OOH市場で3位のポジションにあるPosterscopeのさらなる成長、拡大のトリガーとしての役割を担っていきます。

なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

 

【C2Cアウトドア社の概要】
社名:C2C Media LLC およびD1 Ink, Ltd.
(2社を合わせた通称:C2Cアウトドア社)
本社所在地:米国・ニューヨーク市(2社共通)
※ロサンゼルス市にも営業拠点を置く
設立:2007年11月
株主構成:買収手続き完了後
電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):490万ドル(約5億円)(2015年12月期)
代表者:Michael Palatnek (CEO)
従業員数:15名
事業内容:OOH専門の広告会社として、OOHメディアのプランニングとバイイング、プリント制作、マネジメントなどのサービスを提供

以上


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0923-009047.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ