視聴者のクリックで映像が変化!「Red Bull Live on the Road 2016」インタラクティブ動画

電通ダイレクトフォースは、レッドブル・ジャパンのロックバンドサポートプロジェクト「Red Bull Live on the Road 2016」のファイナルステージを告知するインタラクティブ・ミュージック・ビデオ(MV)を3ミニッツ、パレク・トリカルと3社共同で企画・制作し、9月23日に公開した。

「Red Bull Live on the Road 2016」インタラクティブMV(1)

「Red Bull Live on the Road 2016」は、SNSを活用してファンの人気を勝ち取るオンラインオーディションと、ライブオーディションを組み合わせたバンドコンテスト。優勝したバンドには世界中にあるRED BULL STUDIOSでのレコーディング権と来季のリリースが約束される。

2016年は全国から300組ものバンドが参戦。ハードコアバンド「Azami」とサーフロックバンド「Sunrise In My Attache Case」が勝ち上がり、SUMMER SONIC 2016にも出演、10月16日に川崎・クラブチッタで行われるファイナルステージで勝者が決まる。

公開されたインタラクティブMVは、映像内に表示されるこの二つのバンド名のうち、視聴者がどちらかをクリックすることで映像が変わるというもの。電通ダイレクトフォース独自のインタラクティブ動画プラットフォーム「EICHI」の技術を用いて制作された。

インタラクティブMVはこちらから。

「Red Bull Live on the Road 2016」インタラクティブMV(2)

なお、同社は10月6日にこれらの事例をはじめ、スマートフォンによる新たな体験価値を生み出す先進的な手法や事例を紹介するセミナーをドリームインキュベータ、グノシーと開催する。セミナーの詳細はこちらから。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ