電通、タイムアウト東京、JTBコミュニケーションデザインが共同で、東京の魅力を世界に伝えるアワード「Time Out Love Tokyo Awards 2016」を開催

9月29日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


2016年9月29日

電通、タイムアウト東京、JTBコミュニケーションデザインが共同で、東京の魅力を世界に伝えるアワード「Time Out Love Tokyo Awards 2016」を開催

 

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、以下「電通」)、タイムアウト東京株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伏谷 博之、以下「タイムアウト東京」)、株式会社JTBコミュニケーションデザイン(本社:東京都港区、社長:細野 顕宏、以下「JTBコミュニケーションデザイン」)は、3社共同プロジェクトとして『Time Out Love Tokyo Awards 2016』を開催します。10月にノミネートを、12月に大賞を発表いたします。

『Time Out Love Tokyo Awards 2016』は、「リアルな東京」を世界に発信し、世界ブランドにすることを目的に開催します。タイムアウトはロンドン、ニューヨーク、パリなど世界109都市41カ国において展開するマルチプラットフォームのグローバルブランドであり、マガジン、ウェブ、SNSなどにおいて世界の旅行客の情報ツールとして展開しています。本アワードは、2014年からタイムアウトロンドンにより開催されている「Love London Awards」を起源とし、世界各地のタイムアウトに広がりを見せています。そして今年度、初めて東京で開催することになりました。

『Time Out Love Tokyo Awards 2016』では、東京が持つ優れたサービスやプロダクトを、①レストラン②カフェ③バー④ショップ⑤プロダクト⑥アクティビティ⑦人物、の7点のカテゴリーに沿ってタイムアウト東京がそれぞれノミネートします。タイムアウトのグローバルネットワークから選ばれたエディターが審査員となり、東京でそれらのノミネート作品を審査し、12月に大賞を発表します。ノミネートおよび大賞作品にはオリジナルグッズを付与し、また、その内容をタイムアウト東京のアワード特設サイトおよび誌面で紹介することで世界に発信します。授賞式は12月に都内で行う予定です。

訪日外国人の日本における体験をより有意義なものとするために、3社は今後も連携して事業運営にあたってまいります。

■『Time Out Love Tokyo Awards 2016』の概要

<目的>
●「リアルな東京」の世界への発信
●東京の優れたサービスやプロダクトをタイムアウトのグローバルネットワークを通じて紹介
●訪日外国人のコミュニケーションの活性化

<開催概要>
●開催日程:2016年10月~12月
●対象エリア:東京都全域
●カテゴリー:①レストラン②カフェ③バー④ショップ⑤プロダクト⑥アクティビティ⑦人物
●訴求対象:訪日外国人(都内在住の外国人を含む)、日本人
●ノミネート選出方法:タイムアウト東京エディターにより選出
●審査方法:世界109都市41カ国に広がるタイムアウトのグローバルネットワークから審査員を選出。審査員を東京に招請し審査を実施

<今後のスケジュール>
●10月中旬:ノミネート作品発表
●10月中旬~11月中旬:タイムアウトグローバルエディターによる審査
●12月中旬:都内での授賞式とプレゼンテーション
●12月10日~1月下旬:マレーシアで受賞作品を展示

<アワード特設サイト>
http://lovetokyoawards.com

Time Out LOVE TOKYO AWARDS

■会社概要
・会社名:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
・所在地:東京都港区3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング12階
・代表者:代表取締役社長 細野 顕宏
・設立:2016年4月1日
・事業内容:法人顧客のコミュニケーション領域(MICE、広告・プロモーション、人材ソリューション等)における様々な課題に対するソリューションの提供など
・URL:http://www.jtbcom.co.jp


・会社名:タイムアウト東京株式会社
・所在地:東京都渋谷区広尾5-9-9 プレステージュ広尾101
・代表者:代表取締役社長 伏谷 博之
・設立:2009年7月31日
・事業内容:インターネットメディアの運営や出版事業などを展開
・URL:http://www.timeout.jp

以上

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ