「世界食料デー」月間「のこりものがたり~食べる、を考えるLINEスタンプ」
できました!

10月は「世界食料デー」月間。より多くの人に食問題について知り、考え、行動してもらうための1カ月。

電通は、その取り組みを応援する仕組みとして、NPO・NGO・国連機関と共同制作した「のこりものがたり~食べる、を考えるLINEスタンプ」を10月1~31日、LINEのクリエイターズスタンプで公開している。

「世界食料デー」月間2016特設サイトでデビューした、残された食べ物たちが、世界の食問題をつぶやく「のこりものがたり」。そこに登場するキャラクターたちが、いとおしく、切ない言葉とともに、スルーしづらい全40パターンのLINEのスタンプになった。自分で購入することも他の人にプレゼントすることも可能だ。

スタンプの購入はこちら

特設サイトでは、今年開校した「食べる、を考える学校」に参加した学生たちがボランティアライターとなって取材し、食にまつわるニュースをアーカイブしていく「食べる、を考える通信」も公開中。

「食べる、を考える通信」を読む、それが世界の食問題を知り、考えるきっかけになる。LINEスタンプを購入し、家族、友人、恋人たちとコミュニケーションすることで、世界食料デーの活動の応援につながり、その応援の輪も広がると期待される。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ